fbpx
採用企業向け

Zapier × Gmail × Slack で通知確認をスムーズに!

こんにちは。Caratの東海林です。

メールの管理、できていますか?
チャットツールは常に見ているけど、メールは数時間に1度だけまとめて確認する、という人も多いのではないでしょうか?

GLITでは求職者とマッチングした時、メッセージが来た時など、
メールにて企業様にお知らせをしておりますが、できるだけすぐに対応したいですよね。

ということで、今回はZapier( https://zapier.com/ )というサービスを利用して、
Gmailに来たGLITからのお知らせをSlackに通知させてみようと思います!

Zapierは2つのアプリやサービス間で情報の橋渡しをしてくれるツールで、
普段の様々なワークフローを自動化してくれます。
現在Zapierで選べるアプリは1000種類以上あり、今回ご紹介するGLIT(Gmail)とSlackの連携以外にも色々使えるのでオススメです!

では、実際に連携してみましょう。

1.Gmailの設定

GLITからのメールを受け取るGmailの設定をします。
普段Gmailを利用していない場合は事前に登録しておきましょう。

1-1.ラベルを作成する

まずは、GLITから受信したメールにつけるラベルを作成します。 Gmailの左側、受信トレイなどが並ぶエリアの一番下に「新しいラベルを作成」という項目があるので、押下します。

新しいラベル作成のポップアップが表示されるので、任意の名前を入力し作成します。

ここではシンプルにGLITというラベル名にしました。

以下のような形で作成されたら完了です。

1-2.フィルタを設定する

次に、GLITから受信したメールに、先程作成したラベルをつけるためのフィルターの設定をします。

上部に表示されている検索バーの横の▼を押下してください。

すると以下のようなウィンドウが表示されるので、 Fromにフィルタリングするメールアドレスを入力します。

今回は、GLITのお知らせのメールで使用されている「no-reply@mail.glit.io」を入力しました。

入力が完了したら、フィルタを作成を押下します。

「フィルタを作成」を押下すると、以下の表示になるので、

ラベルをつけるにチェックをして、プルダウンから1-1で作成したラベル名を選択します。

選択後、「フィルタを作成」を押下して、フィルタ設定は完了です。

2.Zapierの設定

次にZapierの設定を行います。登録していない場合はまず登録を完了させましょう。

2-1.Zapの作成〜トリガーを設定する

zapierの初期設定が完了すると、以下のようなホーム画面に遷移するので、

赤枠のエリアで、Gmail→Slackとなるように選択し、「Make a Zap!」を押下します。

以下のような画面に遷移しますので、トリガーを選択します。

今回は、受信したメールに特定のラベルがついた時に自動で通知するように設定するので、

「New Labeled Email」を選択します。

選択したら下部にある「Save+Continue」を押下してください。

次に、Gmailとの連携が求められますので、

「Connect an Account」から連携し、「Save+Continue」を押下してください。

次にラベル選択の画面になりますので、

1-1で作成したラベルを選択します。

次にメールのサンプルを取り込む画面に遷移しますが、

ここは「Skip This Step」を選択していただいて問題ありません。

 

2-2.アクションを設定する

トリガーの設定が完了したら、次にアクションを設定します。

先程の画面からの続きで、どのアプリでアクションをするかを選択できます。

今回はSlackに通知させるので、Slackを選択しましょう。

次にSlackのアクションの対象を選択することができます。

「Send Direct Message」の場合は個別にSlackbotから通知されますが、

今回はSlack側で通知用のチャンネルを作成しておきましたので、そこに通知します。

チャンネルに通知させたい場合は、「Send Channel Message」を選択します。

今度はSlackアカウントとの連携を求められるので、Gmailの時と同様連携します。

次に、アクションの詳細を設定します。

「Channel」…どこのチャンネルにメッセージを送信するか設定します。

「Message Text」…通知するメッセージを設定します。

「Bot Name」…通知するBotの名前を設定できます。

※他にも、Botのアイコン画像など色々設定できますが、割愛します。

入力が完了したらSaveを押下しましょう。

次は、設定のプレビューとテストの画面になりますので、

下部の「Send Test To Slack」を押下します。

上手く設定できていれば、Slack側にこのような通知が飛んできます。

ここまで確認できたら「Finish」を押下して、設定は完了です。

3.GLITの設定

※普段からGLIT AdminでGmailを使用している方はこの手順は不要です。

GLIT Adminログイン後、右上のプルダウンからアカウント管理(https://glit.io/enterprise/settings/account)に遷移してください。

こちらで、ラベルを設定したGmailのアドレスに変更します。

 

以上で設定は全て完了です。

GLITからのメールが届くたびに、Slackにて通知されると思います!


 

今回ご紹介したGLITとの連携方法以外にも、色々なサービスで応用できます。

注意点としては、フリープランだと1ヶ月1000回のアクションまでのようですので、

通知がバンバンくるサービス複数で併用すると途中で止まってしまう可能性があります。

初めてでも15分程で設定可能ですので、

是非、ご活用してみてはいかがでしょうか!